「第3回 i-Construction推進展」出展(2019年7月24日~26日)

 2019.07.11  株式会社アウトソーシングテクノロジー

第3回 i-Construction推進展

日時

2019年7月24日(水)~26日(金) 10:00~17:00

主催 一般社団法人日本能率協会
会場

東京ビッグサイト 西展示棟2ホール
〒135-0063 東京都江東区有明3-11-1

アクセス

○りんかい線「国際展示場駅」より徒歩約7分
○ゆりかもめ「東京ビッグサイト駅」(旧駅名:国際展示場正門駅)より徒歩約3分
アクセスMAP »

ブース場所 W2R-26
参加費

事前に以下の公式ページより無料招待券をお申し込みください。

お申し込みページ»

※招待券をお持ちでない場合、入場料 3,000円/人 が必要です。

概要

「i-Construction推進展」は、建設現場の生産性を向上し、i-Constructionの推進を支援することを目的とした展示会です。官庁・地方自治体、土木・建設、建築コンサルタントなどが一堂に集い、業界動向や最新技術の情報収集ほか、多数の企業と対話できる機会となっています。

i-Constructionとは、昨今の建設業界が抱える人手不足の深刻化や労働環境の改善、生産性の向上といった課題に対して、ICTの活用などの施策を建設現場に導入することで、建設生産システム全体の生産性向上を図り、魅力ある建設現場を目指す取り組みのことです。国土交通省が推進する取り組みとして、注目が高まっています。

i-Construction推進展2019オフィシャルサイト

オフィシャルサイトはこちら

詳細内容

アウトソーシングテクノロジーのブースでは、AR(拡張現実)技術とMR(複合現実)技術を活用しARコンテンツを作成するプラットフォーム「AR匠(エーアールタクミ)シリーズ」を展示します。

「AR匠」製品のご紹介やご案内に加え、ブースには開発スタッフも常駐、「AR匠シリーズ」の開発にまつわるお話やMR技術開発についてなど、ご交流いただけます。新たなひらめきやアイデアを膨らませながら、ブースで実際の製品・サービスをご体感ください。

AR匠とは

AR匠」は、設計から施工、保守・点検業務、技術伝承(教育)に至るまで、建築現場における全ての事業プロセスで活用いただけるソリューションです。マイクロソフト社のMixed Reality デバイス「HoloLens(ホロレンズ)」をはじめとする各種端末でご利用いただけます。

ブースでは、HoloLens等のARグラスを着用した、「AR匠シリーズ」の実機デモをご体験いただけます。また、今回の展示会では、ユーザーごとに空間に表示させるワークフロー(作業手順)を変更し、リモート作業をより強力に支援する新機能もご紹介予定です。「AR匠」ブースで実際の製品・サービスをご体感ください。

製品について詳しく見る »

artakumi_master_image

ご来場の際には、ぜひアウトソーシングテクノロジーのブースへお立ち寄りください。

関連製品

WIZDOM(ウィズダム)【データベース型施行情報共有システム】

WIZDOMサイト
建築・建設・設備・土木の各分野で導入実績の高い、データベース型施工情報共有システムで、「建設キャリアアップシステム(CCUS)」における「就業履歴データ登録標準API連携認定システム」として認定を受けています。
WIZDOMとCCUSの連携により、さらなる現場管理の効率化が見込まれます。
個別相談

製品について詳しく見る »