「テレワーク時に有効な特権IDセキュリティとは」ウェビナー開催(2021年8月24日)

 2021.08.02  株式会社アウトソーシングテクノロジー

ウェビナー
日時

2021年8月24日(火) 16:00~17:00

主催

株式会社アウトソーシングテクノロジー

共催

CyberArk Software株式会社

会場

オンライン開催(WEB/ON24)

定員

先着20名様
※定員となり次第、お申し込みを締め切らせていただきます。

参加費

無料(事前登録制)

概要

昨今コロナ禍で多くの企業でテレワークがスタンダードになりつつありますが、サイバー攻撃がさらに巧妙化する中で、オフィス以外の場所での業務を推進する企業にとって重要な課題となるのがセキュリティとその運用です。
当セミナーでは、このようなテレワーク環境で重要性が高まっているエンドポイントおよびITインフラ向けの2つの特権ID管理ソリューションについて、その機能を製品デモと導入事例を交えてわかりやすくご紹介いたします。

 

お申し込みフォームはこちら

プログラム

※内容が一部変更となる場合があります。最新の情報は、以下のプログラム内容よりご確認いただけます。

テレワーク時に有効な特権IDセキュリティとは

16:00~16:30:テレワーク時のセキュリティ強化と運用効率UPを実現するPCのローカル特権管理とは

テレワーク時においてPCにローカル管理者権限を付与するかはどの企業においても、大変悩ましい課題となっています。つまり、付与すればサイバー攻撃者に侵入されたときの被害が大きくなり、付与しなければユーザーの作業効率が低くなり、IT管理者のリモートサポートの負担が大きくなるからです。本セッションでは、PCのローカル特権をきめ細かく管理することで、セキュリティ強化と運用効率Upの両面を実現するSaaSベースのエンドポイント向け特権ID管理『CyberArk End Point Privilege Manager (EPM)』をご紹介いたします。

16:30~17:00:某メディア企業様におけるITインフラ向け特権ID管理ソリューション「CyberArk PAS」の導入事例のご紹介

「内部不正対策」としてCyberArkを検討・導入された某メディア企業様。当セッションでは、同社の検討の背景やCyberArk PAS採用のポイント、テレワーク中に進行した導入プロジェクトの詳細などについてご紹介いたします。

関連製品

特権IDセキュリティソリューション CyberArk®
─サイバー攻撃と内部の不正アクセスからシステムを守る─

特権IDセキュリティに必要なコントロールシステムを備えた、独自のソリューション技術が、他にはない「集約型の特権IDセキュリティ管理」を実現します。複数のセキュリティレイヤを使用し、エンドツーエンドで大切なデータを様々なデジタル脅威・攻撃から保護します。
さらに、特権ID管理だけではなく、クラウド環境をオンプレミス環境と同様のセキュリティで統合管理が可能。サーバ以外にも各OS、ネットワーク機器やデータベース、SaaSやwebサイトまで幅広くカバーします。パスワードの一元管理や自動更新をエージェント不要でご提供します。

個別相談

製品について詳しく見る »