WIZDOM

データベース型
施行情報共有システム

[ウィズダム]
建築/設備/土木の各分野で高い導入実績、
建設工事に必要な膨大な書類処理の手間を削減し、企業のコンプライアンス促進・品質確保を支援

WIZDOM製品紹介資料

WIZDOM(ウィズダム)とは

WIZDOM」は、建築・設備・土木の各分野で導入実績の高い「データベース型施工情報共有システム」です。

建設工事は、実際の工事だけではなく社内外への膨大な量の書類処理が必要です。品質確保やコンプライアンス重視・トレーサビリティといった観点から、書類の重要性は日々増しています。しかし、頻繁な書式変更・作成・承認・提出・保管といった数多くの手間がかかるため、作業者の大きな負担となっています。また、高度な専門知識を必要とする官公庁等への提出書類は、内勤専門家との連携が必要となり、関係者間の情報共有が非常に重要となります。

WIZDOM」は、迅速な書類の作成を支援します。また、再記入などのミスやムダを未然に防ぎ、企業のコンプライアンスの促進・品質確保を支援します。

導入企業(順不同)

鉄建建設
西松建設
高砂熱学工業
三和電業グループ
竹中工務店
日本ハウズイング株式会社
若築建設株式会社
株式会社福田組

フジタ / 東急建設 / 三井住友建設 / 京王建設 / 関電工 / 五洋建設
etc...

全体の仕組み

全体の流れ

特長

ネットワーク上のサーバで情報を管理するので、関係者間で最新情報の共有ができます。

WIZDOMは情報をASPによるインターネット上のサーバで管理をしているので、関係者間で最新情報の共有ができます。共有項目は、いずれかのクライアント端末から一度入力して登録すれば、各クライアント端末に自動的に反映されます。これにより、各クライアントに手動で項目を再入力してもらう必要がなくなり、連携ミスの防止や効率化につながります。

ネットワーク上のサーバで情報を管理。

ASPとは?

ASPApplication Service Provider)とは、アプリケーションなどの機能をネットワーク経由で提供する仕組みや業者のことです。

CALS対応データの取り込みが可能です。
関係者間で一度にデータの共有ができます。

変換プログラムを利用して国土交通省・農水省・日本下水道事業団に提出した電子納品データ(CALS対応データ)を、サーバへ取り込むことができます。これにより、手動での変換の手間を省き、迅速なデータ共有や一元管理が可能となります。

CALS対応データ

CALSとは?

CALS/EC(Continuous Acquisition and Life-Cycle Support/Electronic Commerce)と呼称する場合もあります。国土交通省が推進している「公共事業支援統合情報システム」のことです。従来は紙で取り交わしていた情報を電子化し、ネットワークを活用する仕組みです。情報の共有や公開をはじめとし、各種業務を効率化することでコスト削減などを目的としています。

社内のデータベースとのデータ連携が可能

社内のデータベースで管理している情報を、ネットワークを介しODBCで吸い上げることにより、WIZDOM内での利用が可能です。

CALS対応データ

ODBCとは?

ODBC(Open Database Connectivity)とは、マイクロソフト社によって制定された、データへのアクセスを統一化するためのインターフェースです。プログラムで違う種類のデータベースと情報をやりとりする際、従来は種類ごとに記述を変える必要がありましたが、ODBCを経由することで差異を吸収して同じ記述による情報のやり取りが可能となります。

建設キャリアアップシステム(CCUS)との連携

WIZDOMは、一般財団法人 建設業振興基金が運営する「建設キャリアアップシステム(CCUS)」における「就業履歴データ登録標準API連携認定システム」として認定を受けています。 建設現場の技能者の就労経験を適切に管理するシステムを提供することで、技能者本人への評価につなげ、また事業者としての信頼を高めていきます。

CCUSとは?

一般財団法人 建設業振興基金が運営する、技能者の就業履歴や保有資格データを管理するシステムです。 国土交通省が推進し官民一体で取り組んでおり、2019年4月より運用が開始されました。

CCUSに登録された技能者には、技能者の経験や保有資格に応じて、レベル1~4までのICカードが配布されます。 現場入場の際にカードリーダーに読み込ませることで、経験した現場情報や、立場・職種、保有資格や受講履歴などの就業履歴がCCUSに記録されていきます。

技能者のキャリアをCCUS上で管理することで、経験に応じた適切な評価を受けることができる仕組みで、建設業界全体での普及が期待されているものです。 雇用する事業者にとっても、レベルごとの技能者の人数把握や、技能者の評価基準の検討が容易になります。 また、事業者の施工能力が客観的に判断されやすくなるため、元請け業者からは、優秀な技能者を擁している事業者の選定に活用できるようになります。

各種機能

スムーズなデータ取り込み

登録済みデータがそのまま反映

① 登録済みデータがそのまま反映

新規作成時プロジェクトごと/帳票毎のデータ取込(流し込み)

② 新規作成時プロジェクトごと/
帳票毎のデータ取込(流し込み)

Microsoft Excelへのデータ連携

③ Microsoft Excelへのデータ連携

外部アプリファイルも記録一覧に簡単登録

④ 外部アプリファイルも記録一覧に簡単登録

記録一覧に登録された外部アプリファイルも共有管理

⑤ 記録一覧に登録された外部アプリファイルも共有管理

簡単操作でデータ入力

ブラウザ上で直接入力可能(文字列情報)

① ブラウザ上で直接入力可能(文字列情報)

ブラウザ上で直接入力可能(図形情報)

② ブラウザ上で直接入力可能(図形情報)

項目の内容もマウスだけで入力可能

③ 項目の内容もマウスだけで入力可能

ファイル添付・貼り付けも柔軟に対応

他のアプリケーションデータも貼り付け可能

① 他のアプリケーションデータも貼り付け可能

JPEGファイルも簡単に貼り付け

② JPEGファイルも簡単に貼り付け

添付ファイルも思いのまま

③ 添付ファイルも思いのまま

フォルダで書類の登録・管理もわかりやすく便利に

フォルダも自由自在に追加・編集可能です。

ファイル形式を選べる出力機能

登録済みデータをXMLファイル、XSLファイル、DTDファイル形式のいずれかで出力可能です。

ファイル形式を選べる出力機能

オプション

押印機能

押印機能

記録一覧機能

記録一覧機能

書類承認フロー

書類承認フロー

動作環境

サーバ Windows Server 2000、2003、2008、2012、2016
IIS Ver.6.0以上
データベース(DB) MDB(標準)・MS-SQL(推奨)・Oracle
クライアント Internet Explorer 6.0以上

最新情報

 
現在公開されている情報はありません。

セミナー・イベント情報

 
現在予定されているセミナー・イベント情報はありません。

WIZDOM製品紹介資料